お問い合わせ

トライシクルについてABOUT US

テクノロジー × イノベーションで
理想の循環型社会を創る

目指すはサーキュラー・エコノミー

トライシクルの目指す経済社会モデルは
サーキュラー・エコノミーです。
サーキュラー・エコノミーとは、
従来言われてきた「循環型社会」よりも、
より広角的で革新的な
循環型経済モデルのことです。
根底にある考えは、無駄を減らすこと。
そしてその無駄をリサイクルしていくことで
新たな価値をへと変化させ、
“負” から “富” へと変えていくことに、
このサーキュラー・エコノミーの
価値でもあります。

リサイクルやリユースなどを通じて
製品ライフサイクルの
” Close the Loop”(ループを閉じる)を
実現するxサーキュラー・エコノミーですが、
わが国では江戸時代、
これに近いモデルをすでに
構築していたと言われています。
傘は破れれば貼り替え、草履は手直しし、
それでも使えなくなれば堆肥(たいひ)として
リサイクルしていました。
しかし戦後の高度経済成長により、
大量生産・大量消費・大量廃棄に
変化したことにより、
現在では
「2030 年には、地球 2 個分以上の資源がないと現在の消費は維持できない」(WWF Living Planet Report)、
「2050 年には、世界の廃棄物発生量が 2010 年の 2 倍以上となる」
(環境省 平成 28 年版 環境・循環型社会・生物多様性白書)と言われるほどの
資源不足と廃棄問題に直面しているのです。
トライシクルでは、
未来の地球・そこに住む
未来の子供たちのために
サーキュラー・エコノミーの実現に向けて
挑戦をしていきます。

変わりゆく時代の中でトライシクルができること

トライシクルのグループ企業は 100 年以上前からモノの流れについて取り組んできました。
だからこそがわかる現状や課題、そして変化。
その中で理想の社会を目指すために何ができるのか?
何を目指すべきなのか?を考えたときに、サーキュラー・エコノミーにたどり着きました。
“もったいない “を是とする私たち日本人にとって、サーキュラー・エコノミーは親和性のある経済モデルと言えます。
サーキュラー・エコノミーの実現に IT をはじめとしたテクノロジーの力が必要であることは論を待たず、それに注力する企業としてトライシクル株式会社は設立に至りました。

これまでの経験とテクノロジーの力を利用して、無駄を活用し収益を生み出す新しい常識を提案してまいります。
MORE

世界初 B2B サーキュラーエコノミー対応
プラットフォーム


世界初 B2B サーキュラーエコノミー対応プラットフォーム

仲間と手を取り合い実現に向けて進む

製造業など製品を生み出す「動脈産業」、
その廃棄物を回収して再生・再利用、処理・処分などを行う「静脈産業」。

血液の循環にたとえてこのように呼ばれていますが、
滞りなく循環するためには双方のバランスと連携が大切で、人が生きていくために必要な業界です。
しかし静脈産業の業界は厳しい環境下で働きながらもマイナスのイメージが未だにあるのが現状です。

私たちは静脈産業に関わる同じ志をもつ仲間と、手を取り合い実現に向け歩んでいくことで、動脈産業は働く人たちのイメージをアップデートすることもトライシクルのもう 1 つの目標です。
MORE

リサイクルおたくチャンネル


リサイクルおたくチャンネル